卵子提供は日本や海外で受けられるの?

卵子提供は日本でも受けられる?

病気で卵巣を摘出したり、早期閉経によって排卵出来なくなった人は、子供を望んでいても諦めるしかありません。しかしそんな悩みを抱える人達の希望の光となるのが、卵子提供なのです。もし卵子提供を日本で受けたいと考える場合、ある一定の条件をクリアしなければいけません。そもそも日本では卵子提供に関する法律や制度がきちんと整えられておらず、不妊治療専門クリニックが集まって作った団体がガイドラインを定めています。そのガイドラインで決められた条件を満たし、さらに自分で親族や知人から卵子提供をして貰える人を探さなければいけません。専門の医療施設も少ないので敷居が高く感じられますが、身近に卵子を提供してくれる人がいるなら、日本国内で安心して受けられるというメリットがあります。

海外での卵子提供は発展している

一方、海外では不妊治療の1つとして卵子提供を行っている国もあります。具体的にはアメリカやタイ、台湾などの国で、日本から渡航して卵子提供を受けている人もいます。知らない異国の地で受ける事に不安があるかもしれませんが、実は日本国内に海外での卵子提供をサポートするエージェントが数多く存在します。エージェントがドナーの選定や医師の紹介など全て行ってくれるので、海外であっても安心して受ける事が出来るのです。ちなみに海外で卵子提供を受ける場合は、卵子提供者との契約や検査、そして体外受精による受精卵の移植などを行うため、1回の移植に3~4ヶ月を要します。時間や手間は少しかかりますが、卵子提供に関して実績のある国ならば安心感が感じられるかもしれません。