卵子提供は誰でも受けられるの?

治療実績の良い病院なら40歳以上の人も受け入れてもらえる

卵子提供を受けられる条件については、実際に検査や治療を行う病院の実績によって大きく異なるため、早めに海外の主な産婦人科の病院の事情を調べ始めることがおすすめです。例えば、日本人の患者の卵子提供の実績が多い病院の中には、健康状態に問題が無い40歳以上の患者の受け入れを行っているところも少なくありません。また、卵子提供の準備のためには、国内外の医療機関で様々な検査を行ったり、同意書の記載をしたりする必要があるため、場合によってはエージェントにサポートを依頼すると良いでしょう。なお、卵子提供について詳しく知るうえで、評判が良い海外の病院のホームページに目を通したり、日本語や英語で対応が可能な病院に直に相談をしたりするのも良いでしょう。

婦人科の疾患がある人は受け入れが難しいことがある

卵子提供を希望するにあたり、子宮や卵巣などの疾患がある人は、病院によって受け入れが難しいこともあるため、じっくりと医師や専門の相談員と話し合いをすることが大切です。また、過去に流産の経験がある人や、持病を抱えている人については、出産までの間に母体への負担が大きくなることがあるため、高度な医療環境が整っている病院で卵子提供を受けることが重要となります。最近では、卵子提供のリスクに備えるために、患者の受け入れ条件を厳しく設定している病院も多くあります。そこで、スムーズに卵子提供の手続きを進めるうえで、早い時期から国内外の医療機関の卵子提供の成功率や、患者の受け入れ状況について把握をすることがおすすめです。