卵子提供の仕組み

卵子提供と代理出産の違いは?

卵子提供を受けた時の親子関係はどうなる?

卵子提供は誰でも受けられるの?

卵子提供を受けるときの流れ

いざ卵子提供を受けて妊娠をしようとしたとき、具体的に何をすればいいのか分からないときもあるでしょう。妊娠は計画的に行う必要があり準備などもしなければいけないので、利用するときの流れを確認しておくと安心です。

卵子提供を受ける前の検査に何がある?

卵子提供とは、不妊治療の一種です。男性の精子には何らかの異常は見受けられないが、女性の精子には妊娠に適していない何らかの原因がある場合、加えて女性の子宮には妊娠に関して問題がない場合にこの治療を受…

Read more

卵子提供は日本や海外で受けられるの?

病気で卵巣を摘出したり、早期閉経によって排卵出来なくなった人は、子供を望んでいても諦めるしかありません。しかしそんな悩みを抱える人達の希望の光となるのが、卵子提供なのです。もし卵子提供を日本で受け…

Read more

卵子提供者を選べたりするの?

建前は選択不可である一方で抜け道はある

不妊治療の効果的な方法として知られている卵子提供ですが、出産を希望するだけではなく、意図的に優秀な子供を得ようとする目的で行われることもあります。卵子提供は安全な妊娠を促すための医療行為として限定的に認められていることや、命の選別を行う選民思想に繋がるなどの理由から基本的には提供者の選り好みは出来ません。しかし、提供者が重大な疾患を持っているなどの理由で別人に変更することは可能です。また、卵子提供者が後から親権を主張するケースがあったため、人格面においてもある程度の選別は出来るようになっています。しかし、卵子提供者を変更するシステムを拡大解釈して、優秀な女性の卵子を高額で売買する行為が問題視されている現状もあります。

不妊治療は信頼出来る医療機関で行うことが大切

卵子提供による出産は第三者の卵子を譲り受けて子供を作る行為です。そのため、不妊治療を受ける夫婦にとっては卵子提供の手続きを行う医療機関が信頼出来る所であるかが重要な問題になります。不妊治療は個人のプライバシーに深く関わる行為でもあるので医者と患者の間に強い信頼関係が構築されていないと身を任せることは出来ません。また、母体の健康管理についても安全性が確保されていることが安心して治療を受けるための条件です。医療技術の進歩によって不妊治療は決して困難なものではなくなりましたが、それでも無事に妊娠する可能性は決して高くはありません。それだけに、優秀で信頼出来る医療機関を選ぶことが子供を授かるための重要なポイントになります。